2018年中国国際農業機械展


2018-12-05

10月26日、武漢国際博覧センターで中国国際農業機械展(中国国際農業機械展)が開催されました。 この年の中国国際農業機械展のテーマは、210000平方メートルの展示エリア、1,900以上の国内外の企業を集めている \ この展覧会のハイライトは以下の通りです

ハイライト1:展示エリアの展示は多様で多様です。 製品に関しては、世界的に有名な農業機械メーカー、ジョン・ディア、ケール、アイケ、デュツファル、クボタ、ヤンマーなどの農業機械企業が武漢に集まり、製品は機械化のあらゆる面をカバーしています 作物の 展示エリアの企画では、主催者は国際基準に準拠し、地域展示の推進、トラクターや耕作機械、米機械、畜産機械、農業機械などの専門展示場を設置し、シリーズを紹介する 中国農業機械の発展を反映する特性の 展示エリア。

ハイライト2:国際化の度合いが再び向上し、革新しました。 2018年の中国国際農業機械展は、中国の農業機械を世界に広め、スペイン、イタリア、ドイツの果物と野菜の機械化に関する国際フォーラムを開催するために、国家ベルト・アンド・ロード・イニシアチブに引き続き対応しました。

ハイライト3:フォーラムにはさまざまなアクティビティがあります。 中国農業機械展では、農業生産サービス政策、理論と実践開発フォーラムを開催し、関連業界のリーダー、研究機関の専門家、ビジネスマンを招いて、中国の土地収縮システム、農業用産業連鎖建設、農業生産信託制度に焦点を当てた。 人工知能や大規模データなどの関連する政策や措置に関する特別報告書、 「2018農業機械産業経済運営・市場分析報告会」を開催しました。 同報告書は、2018年に農業機械産業の運営を分析し、2018年の農業機械循環と市場の変化の特徴と国家の農業優遇政策を分析し、農業機械市場の発展動向 将来の輸出ビジネス 野菜生産の機械化のライブデモンストレーション。

また、展示会では、2018年中国農業機械工業賞式、2018年野菜生産機械化開発フォーラム、精密農業、知的農業機械フォーラム、国立近代農業技術技術システム農業機械学会後会議、北オーチャード生産機械化開発フォーラム 灌漑と排水産業開発フォーラム、科学技術革新は、湖北省農業機械高品質開発フォーラム、2019新疆農業機械博覧会記者会見、2018年中国サトウキビ機械化博覧会記者会見、丘陵山岳農業機械化開発報告会議、農村環境包括 処理技術と機器開発フォーラム、農業機械設計革新セミナー、農業用無人機の現場実証

international agricultural machinery exhibition

今すぐ問い合わせ
著作権©2018泰安バイク機械有限公司すべての権利予約。